注文住宅の予算の決め方

住宅ローンを考えよう

住宅ローンを組む必要があるのなら、契約できる金額がどのくらいなのか調べなければいけません。銀行のホームページで簡易的に計算してみたり、ファイナンシャルプランナーに頼んだりしてみましょう。年収などのデータを利用して算出された金額が予算の基準とします。そして、注文住宅を建てようと考えている方ならば、ある程度理想の住まいの状態が頭に思い浮かんでいるでしょう。次はそれを叶えるためにはどのくらい必要になるのかリサーチしてみます。土地を購入する代金や設備代、そして建築業者に支払う工賃などすべてを調べ、合計していくらになるのか算出します。合計金額が住宅ローンが組める範囲に収まっていれば予算はそれで大丈夫です。しかし、収まっていなければ削れるところを削り、調節をしながら予算を決めていくことになります。

予算を少なめに設定しておく

注文住宅は建売住宅とは違ってまっさらな状態から作り上げられるので、さまざまな住まいの希望を叶えてくれます。そのため、設備をグレードアップしたりスペースを拡張したり、建築業者と話しているうちにいろいろなことをやりたくなる可能性があります。もしも、住まいを建てるための予算を決めるなら、あとから叶えて欲しい希望が増えることを見越した方が賢明です。最初からギリギリの予算を設定してしまうと、その範囲でやりくりするために何かを叶えるためは何かを犠牲にしなくてはいけない状況がでてきます。少なめに予算を設定し、あとから出せるお金に余裕を持たせておけば、どうしても叶えたい希望があったときに何も犠牲にせずに住まいに反映できます。

新築一戸建て購入に関しては建築にかかる価格以外にも別途請求される費用があります。一般的には建築確認申請手数料をはじめ、地盤改良工事費用、外構工事費用などですが、高額になる場合もあるので注意が必要です。

Back to top