注文住宅のメリット

こだわりの住まいを実現できる!

新築一戸建てのマイホームを手に入れるにあたっては、自分たちの好みや希望をできるだけ盛り込んだ、こだわりの住まいを実現したい方も多いはず。そんな方たちのニーズにしっかり応えてくれるのは、やはり注文住宅でしょう。建物全体のデザインをはじめ、室内の間取りやインテリアあるいは水まわりの設備、さらには門塀や駐車スペースといった外構ゾーンに至るまで、自由設計のメリットを十分に活かしながら、自分たちの思い通りにプランニングすることが可能です。

また最初のプランニングから施工そして完成に至るまで、建築プロセスを施主がトータルにチェックできることも、注文住宅の大きなメリットと言えます。施主の眼や声が建築現場に届くことで、手抜き工事や欠陥住宅といった、重大なリスクを軽減することが期待できます。

予算の範囲内で柔軟な調整が可能!

自由設計の注文住宅の場合、住まいにこだわるほど、費用も増える傾向があります。しかし注文住宅は設計の自由度が高いので、工夫しだいで幾らでも予算の範囲内におさめることは可能です。例えば建物全体の構造や形状をシンプルにしたり、室内の床面積や間取りを少なくすることで、建築現場で必要な足場や建材そして職人の手間を減らせるため、建築コストも低く抑えることが可能になります。

またメリハリを付けて設計することによっても、予算の範囲内で理想の住まいに近づけることは十分に可能です。例えばリビングのインテリアに力を入れる反面、トイレやお風呂場といった水まわりなどは、比較的安価な標準装備にとどめるといったケースが典型。このように費用面でも柔軟に調整できるのは、まさに自由設計の注文住宅ならではの強みと言えるでしょう。

一戸建ての場合は、お互いに気持ちよく暮らせるよう、隣家と窓の位置が重ならないように検討するのが一般的です。

Back to top