注文住宅と建売住宅の違いは?

細部までこだわれるかどうか

注文住宅では、間取りを決めるところから始めていきます。間取りはもちろんのこと、設備や内装などに関しても打合せを進めていきます。細部までこだわれるため、「自分のイメージ通りの家をつくりたい」という人に向いているでしょう。なお、仕様によって、建物の価格も大きく変わってくるため、自分たちの予算に合わせて調整する作業も必要です。

一方、建売住宅の場合は基本的に完成した住宅を購入するため、間取りや仕様を変更することはできません。場合によっては、変更が可能なケースもありますが、壁紙の色など、軽微なものに限られています。「住まいは、基本的にプロの手でコーディネートしてもらいたい」という人に向いているでしょう。

建築過程を確認できるかどうか

注文住宅の場合は、着工の段階から現場を自分たちの目で確認することができます。配線や配管、構造材など、完成後には見えなくなってしまう部分も、チェックできるため、安心感が得られるでしょう。一方で、「思っていたイメージと違う」「想像していたより日当りが悪い」など、イメージとのギャップが生まれる場合もあります。

反対に、すでに完成している建売住宅の場合は、建築中の様子を事前に確認することはできません。しかしながら、実際の日当りや広さ、眺望などは実際にチェックした上で購入することが可能です。家具の配置などのイメージもしやすいでしょう。また、建築過程が省けるため、購入後はすぐに新居に住めるという特徴もあります。

Back to top