予算別でどのような注文住宅が建つ?

予算1000万円と2000万円の注文住宅

予算が1000万円で建てられる注文住宅は、シンプルな設計で、建材や設備も最低限になります。住宅の形は正方形か長方形の単純な構造になり、デザイン性などは加えられません。外壁や床材はコストが低いものを選び、とにかく建築費用を抑えます。注文住宅ですが、制約が多くなるでしょう。予算が2000万円になると、こだわる部分は建材を選べるようになります。床材をこだわりたい、間取りはこだわりたいなどの注文を通せるようになります。

しかし、選べるのは部分的です。どこかは諦めなければならない部分があるため、長く住むあいだに不満が積もっていく可能性があります。長く、毎日暮らす場所なので、注文住宅は費用と希望のバランスが重要になるでしょう。

予算3000万円は希望が通る

注文住宅の予算が3000万円あれば、ある程度の希望が通った家を建てられます。土地の形を有効に使ったデザイン、好みの建材を選ぶことができるでしょう。同じ予算3000万円でも、建材や設備を重視するならセミオーダーの注文住宅、間取りを重視するならフルオーダーの注文住宅が適しています。セミオーダーはある程度のパターンが決まっていて、パターンを組み合わせて自分の好みに近づけていく住宅です。制約はありますが、設計費が抑えられる分、建材と設備に費用を割り当てられます。

フルオーダーは間取りが自由な分、設計費がかかります。どの部分を重視しているのか、ハウスメーカーのこれまでの実績が好みに合っているかなどで、注文住宅のオーダータイプを選ぶといいでしょう。

Back to top